事故物件や特殊物件など、どんな訳あり物件・空き家も取り扱います!アウトレット不動産にお任せください!

借地権について

  • 事故物件の定義は?告知義務や少しでも高く売るコツを解説!

    事故物件は、人命にかかわる事故があった居住用物件です。不動産業界では、国のガイドラインをもとに物件に対する判断基準を定めています。誰でも人命が絶たれた物件で生活するのは、あまり気持ちのよいものではありませんが、ルールを守り適切な対応を取れば、土地や建物の売却もできます。 事故物件を売却する場合に大家さんや売り主……
    続きを読む
  • 底地の物納とは?必要な準備やできない場合の対応を解説!

    底地の物納とは、相続税を支払う手段の一つです。相続税は遺産総額から基礎控除を差し引き、課税遺産や相続税を算出して、相続人それぞれの税額を割り出します。一般的に、基礎控除が3,000万円+600万円×法定相続人のため、相続人がひとりなら3,600万円まで非課税です。 基礎控除を超える評価の場合は現金で納付しますが、……
    続きを読む
  • 借地権でよくあるトラブルとは?対処法や売却する際の注意点を解説!

    借地権における地主とのトラブルは最も避けたいものであり、借地に自宅や店舗を建てているなら良好な関係を築きたいものです。土地は、法律により細かく定める部分が多いため、トラブルが生じた際は、個人で解決するのは難しくなります。 しかし、借地契約をする際に将来的に起こり得るケースを想定し、取り決めをしておくこと……
    続きを読む
  • 【住宅・家】お祓いの料金はいくらかかる?相場や注意点を解説

    日本には新築の家に入居したり、賃貸住宅へ引っ越しをしたりする際に、お祓いやお清めをする風習があります。 これは日本人が古くから、神羅万象すべての物に八百万の神が宿ると考え、信仰していた背景が影響しています。これから住む土地の神様、家の神様に挨拶するとともに新生活を祈願する儀式です。 しかし、ひとえに家のお祓……
    続きを読む
  • 土地を共有名義にするメリット・デメリットを解説

    マイホームの土地の購入にともない、購入者は共有名義か単独名義のどちらかで登記します。共有名義の場合は、複数人の名義で登記するため、土地の所持権が複数人にある状態となりますが、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。 近年では、共働き世帯が増えて共有名義で契約される方も増えている一方で、相続時のトラブルに巻き込まれる……
    続きを読む
  • 住宅ローンの共同名義と単独名義はどちらがおすすめ?

    マイホームを購入する際、金融機関から融資を受ける住宅ローンを契約する方は多いでしょう。住宅ローンのなかにも、夫婦それぞれが契約する共同名義、代表者1人が契約者となる単独名義の2種類あります。 住宅ローンを検討している方のなかには、どちらを選べばいいか悩んでいる方もいるでしょう。今回は、共同名義と単独名義のメリット……
    続きを読む
  • 旗竿地の建て替えが難しいといわれる理由は?注意点と活用方法

    旗竿地とは、細い通路を通った場所にある奥まった土地のことをいいます。比較的土地の価格が安かったり、人目に付きにくいため、静かな住環境を手に入れられたりと、購入者にさまざまなメリットがあります。 そんな旗竿地ですが、実は建て替えできないケースや建て替えにくいケースもあります。長く暮らしていくためには、建て替えが……
    続きを読む
  • 共有持分はどのように売却すればいい?売却方法を解説

    共有持分として所有している土地や建物を手放したいと考えているけれど、ほかの共有者と利害関係から、売却に踏み出せないという人もいるでしょう。 共有持分をめぐるトラブルは多数あり、揉めごとを回避しながら、自分の共有持分だけを売却するには、不動産の買取専門業者を活用するのがおすすめです。 この記事では、共有持分の売却先や……
    続きを読む
  • 幽霊物件とは?出てしまったときの対処法や売買するときの注意点

    不動産取引において、幽霊物件という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。本記事では、幽霊物件の定義や万が一幽霊が出てしまったときの対処法について解説します。 さらに、売買する際の注意点にも焦点を当て、安心して取引を行うためのポイン……
    続きを読む
  • 借地権の買取相場は?買い取ってもらう方法や流れを紹介

    借地権とは、建物の建築などを目的として、地代を支払ったうえで土地を借り、利用する権利のことを指します。 借地権の買取相場は、地域や土地の条件、需要と供給のバランスなど、さまざまな要素によって変動します。しかし、どのような条件下であっても、公正な評価と適切な手続きが重要です。 本……
    続きを読む

おすすめ記事

事故物件について

借地権について

孤独死物件について

Top