横浜市某所のマンションリフォームが完成しました。
築約35年の建物ですが、古さは感じられなくなりました。
リビングダイニングには、明るいアクセントカラーを使用し寝室には、睡眠を促すよう落ち着いた茶系を使用しています。
元々は和室+押入れの部屋でしたが、クローゼットの角を曲線にする事で圧迫感をなくしています。
ただ、「おしゃれ」。なんとなく「かっこいい」 ではなく住む人の健康や、ストレス軽減の手助けになる環境をつくるには、
「社)日本建築医学協会推奨」のプランでリフォームすることがより良い生活環境となると考えます。